仮想通貨ってどんなことに利用できるの?

基本は投機となりますが

ビットコインを始めとした仮想通貨の話題が昨年の末頃から急激に増えてきました。
テレビやラジオのようなメディアでもよく耳にするようになりましたよね。
ただ、仮想通貨に投資をしたという話題はよく出てきますが、通貨らしい使い方の話題というものはほとんどありませんよね。
どういった場面で使われているのかといえば、現状で一番多いのは値上がりを期待した投機となっているようです。
または小さく売買を繰り返すことで利益を得るという、為替取引のような部分が最初にあるということでしょう。
値上がりを期待して購入し、後に仮想通貨からチャージできるデビットカードで買い物をする。といった使い方もありますが、今はまだ決済手段としては小さいものです。

将来的には決済手段の主役に?

あまり投機に興味がないような場合にはメリットが感じにくい気もしてきます。
ですが、世界中がビジネスチャンスを感じているのには理由があります。
これは決済が、特に国家間を超えるような場合の速度が早く、安く、第三者を挟むことによるリスクを排除できるためになります。
そこでビジネス用の決済を銀行を挟むことなく行うことができる仕組みを開発するために、多くの人が携わっています。
その対応する仮想通貨に期待が寄せられて価格が上がっていることからも、これからの決済手段としての期待度が伺えます。
また、実際に進行しているプロジェクトの中には、ゲーム内の通貨を仮想通貨に置き換えようという試みのようなものもあります。
今後思わぬところで仮想通貨が使われるようになっていくことになってくでしょう。

© Copyright Bit-coin & Cash. All Rights Reserved.