あなたはビットコインの仕組みを知ってる?

ビットコインと通常の通貨の違い

ビットコインも通常の通貨も所得税がかかり、商品やサービスの代金として利用することができるという意味では同じお金なのですが、では通常の現金とビットコインの最大の違いは何でしょうか。それは通貨の発行元です。通常の現金は、それぞれの国の中央銀行が発行するものですが、ビットコインには中央政府が存在しません。中央銀行が発行する通貨なら、紙面に印刷されて偽造がしにくいようにすることで信用を担保していますが、ビットコインの場合は全ての取引を記憶し、途中で改竄すると無効になってしまう「ブロックチェーン」という仕組みによって通貨の信用を担保しています。簡単に言うと、仮に通貨を偽造しようと思ったら、世界中の取引を全て偽造しないといけなくなるので、現実的に偽造が不可能になる、という仕組みです。

ビットコイン決済の特徴

通常の現金とビットコイン、どちらも商品の代金として利用できますが、決済のときの違いは何でしょうか。現金であれば、その場で手渡せばすぐに決済が終わりますよね。しかしビットコインの場合は、世界中で共通に使っている取引台帳への書き込み処理が発生します。取引きは世界中のサーバーが行っていますから、とうぜん混雑します。これによって、少なくとも10分ぐらいは決済の間隔が空いてしまうことになります。なのでリアルタイムで使用可能な現金に比べると、スピーディーな決済には不利な通貨と言えるでしょう。よって現在は主に長期的な保有を前提とした投資の対象として使われることが多くなっているのですが、最近ではリアルタイムでのビットコイン決済を認める支払いシステムも増えつつあり、今後は変わるかもしれません。

© Copyright Bit-coin & Cash. All Rights Reserved.